仮想通貨

【仮想通貨】BTC(ビットコイン)のくじらって何?【Glassnode|グラスノード】

マッコウクジラのイラスト(鯨)


ねぎ太郎
最近仮想通貨のニュースを見るようにしてるんだけど、単語がいちいち難しいよね
もぐ兄
わかる。この前「くじら」とか出てきて読むのやめちゃったw


皆さんこんにちはネギ三郎です。

今回は仮想通貨でよく使われる「くじら」について簡単に解説します。


❏ くじらとは?


「くじら」とは、BTC(ビットコイン)を1000BTC以上保有する、大口保有者のことです。

これはGlassnode「グラスノード」という、ブロックチェーン上のデータから暗号資産分析を行う企業がカテゴライズしました。


ここ最近、この「くじら」が増えていて、その背景には機関投資家の仮想通貨参入があります。

BTC(ビットコイン)の供給量の95%を上位2%のアカウントが保有しているとも言われていますから、

仮想通貨に投資をするうえで、この「くじら」から目が離せないわけです。


❏ 実はほかにも種類がある

ザトウクジラのイラスト(鯨)


実はクジラ以外にも種類はあります。(笑)



❏ エビ(Srimps)→ 1BTC以下保有

❏ カニ(Crab)→ 1~10BTC

❏ タコ(Octopus)→ 10~50BTC

❏ 魚(Fish)→ 50~100BTC

❏ イルカ(Dolphin)→ 100~500BTC

❏ サメ(Shark)→ 500~1000BTC

❏ クジラ(Whale)→ 1000~5000BTC

❏ ザトウクジラ(Humpback)→ 5000BTC以上


参照:https://blog.btcbox.jp/archives/13236


こんな感じでサカナ系で分類されています。(笑)


グラスノードに興味がある方は、暗号資産を分析するうえで有益なデータを提供してくれているので

一度見てみてくださいね☆


❏ まとめ

赤いエビのイラスト


以上ビットコインの「くじら」について簡単に説明しました。

ちなみにネギ三郎はまだ「エビ」です。。笑


コインチェック

スポンサーリンク

-仮想通貨
-

© 2021 ネギ三郎 🚲 配達員投資家 Powered by AFFINGER5