インカムゲイン 米国株

【米国株】高利回り お買い得銘柄Top5【四季報|配当】

皆さんこんにちはネギ三郎です。

今回は米国会社四季報でも紹介されている、

高利回りのお買い得銘柄Top5を紹介します!

高利回りのお買い得銘柄Top5

第5位 BP(ビーピー)

第5位は国際石油メジャーの一角である「BP」

コロナの影響で割安になっていて、予想配当利回りが7.64%

 メモ

・スーパーメジャーの一角をなす国際石油企業

・上流から下流工程まで展開する垂直統合型

・欧米アジアで精製基地や化学プラントを展開

・ガソリンスタンドやコンビニも運営

・2030年までに低炭素エネルギー分野への投資を年間50億に引き上げ発表

・ライバル企業 → RoyalDutchShell(ロイヤルダッチシェル) , ExxonMobil(エクソンモービル)

・2020年上期は巨額の赤字

・今後のカギ → 原油価格の回復

第4位 MO(アルトリアグループ)

第4位は米たばこ業界首位の「アルトリア・グループ」

成長性は低いが景気に左右されない安定収益が魅力。予想配当利回りが7.81%

メモ

・米たばこ業界首位

・世界売上高首位のMarl-boroが柱

・葉巻や無煙たばこ、ワインも展開

・AB InBev株を10%保有

・電子タバコのJUUL、合法大麻のCronosGroupに出資

・ライバル企業 → ReynoldsAmerican

・今後のカギ → 連続増配

第3位 FLR(フルアー)

第3位は世界最大級のエンジニアリング企業「フルアー」

予想配当利回りが7.95%

メモ

・設計、調達、建設、工事及び保守プロジェクト管理を一括請負

・主力はガス・プラント

・一般産業、社会インフラ、電力、政府向けも強い

・2020年6月、機器レンタル事業EQINを売却

・ライバル企業 → Bechel

・今後のカギ → インフラ投資

第2位 XOM(エクソンモービル)

第2位は世界最大級の石油会社「エクソンモービル」

コロナで大幅打撃を受け割安に。予想配当利回りが8.90%

メモ

・世界最大級の石油会社

・ロックフェラーの系譜を引く老舗で6大メジャーの一つ

・石油・ガスの探査・生産から燃料・化学品の精製・販売まで展開する垂直型統合

・収益は上流工程がけん引

・ガイアナ沖油層開発フェイズ1は日量12万バレル生産開始、フェイズ2開発も進行中

・再生可能ディーゼル燃料製造用作物の供給で米国の開発企業と長期契約

・2020年上期は、下流はプラス貢献、上流が価格低下で大打撃、全体で大幅減収

・ライバル企業 → Chevron(シェブロン)、BP、TOTAL、RoyalDutchShell

・今後のカギ → 原油価格の回復

第1位 CTL(センチュリーリンク)

そして第1位は独立系通信会社の「センチュリーリンク」

設備投資が重荷で財務体質に不安があるが、配当水準は何とか維持し黒字化の見通し。

予想配当利回りが9.16%

メモ

・独立系の地域通信会社

・2017年11月に同業のレベルスリー社を買収し、国内通信2位に躍進

・企業向けが75%で大企業から中小企業、卸売、海外も展開

・消費者向けが25%

・中小企業、個人向けブロードバンドサービスに強みを持つ

・ライバル企業 → AT&T

・今後のカギ → 再編

まとめ

以上米国株お買い得な高配当銘柄TOP5でした!

コロナの影響でエネルギー関連株がかなり割安になっている印象が強かったです。

※上記のランキングは2020年10月頃のデータを参考にしています

このような面白いランキングが載っているので興味のある方は、

ぜひ「米国株四季報」を読んでみてくださいね

スポンサーリンク

-インカムゲイン, 米国株
-,

© 2021 ネギ三郎 🚲 配達員投資家 Powered by AFFINGER5