Uber Eats

【Uber Eats(ウーバーイーツ)】月収40万達成!!自転車で稼ぐコツを紹介【副業】

皆さんこんにちはネギ三郎です

普段はとある地方でUber Eats(ウーバーイーツ)をしながら資産運用をしています。

そんな私ですが月収40万円を達成しました!!

その証拠写真がこちら ↓ ↓(自転車稼働)

※報酬は時間、地域、プロモーションによって異なります

上の画像は最近40万達成したもので、基本的には毎月30~40万円を稼いでいます

最近コロナの影響でアルバイトができない学生やこれから始めたいという方に自分が意識しているコツを教えようと思います

※地方での金額なので都会の方はもの足りないかもしれません

大きく分けて3ステップです

①とにかくやってみる

ステップ1は「とにかくやってみる」です

え?と思うかもしれませんが結論はこれです。

「どうやったら稼げるかな?」と悩む時間があるのなら、まずは思い切ってやってみましょう

時間は有限で、悩む時間がいちばんもったいないです

登録してウバック(Uber Eats のバック)さえあれば今からでもできます。まずはそこからです

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

※ウバックは値段が高騰しているときがあるので注意

②経路を覚える

①のステップをクリアしたら次の壁は信号です。結局信号を待つ時間が一番のタイムロスです。

ですが絶対に信号無視はしてはいけません。

なので信号にかかりにくく、かつ広く安全な経路を覚えましょう!

変に裏道を通るよりも大通りを通った方が、意外とスピードも出せて安全に運転できます。

これも結局はステップ1の「とにかくやる」に戻るのですが、回数をこなせば自然と道を覚えてきます。

最近ではリピーターの方も増えているので同じ建物に行く機会も多いです。

目的地に行く際に「なんとなく行く」のではなくて「この経路が本当に一番速くて安全なみちだったかな?」と考えるようにしましょう

そうすれば最初はミスもあるかもですが、次第に経路選択も改善されて、目的地を見るだけで瞬時に最適の経路が頭に浮かびます

③ピック先店舗

だいぶ配達に慣れてくればピック先店舗を選ぶようにしましょう!

注文の数が多い時間などは注文があふれているのでリクエストを厳選できます。(アイドルタイムは基本全受けがオススメ)

実は配達距離が短いチート店舗が存在します。

それはマクドナルドとスターバックスです(他の人には内緒にしましょう)

Uber Eats では基本的に店舗がある位置から半径約4キロ以内の人が注文できるようになっているのですが、

実はマックは約2.5キロ、スターバックスは約3キロと距離に制限がかかっています

この特性を活かしなるべくマックとスタバのリクエストを受けるようにしましょう。

Uber Eats は件数をこなすのが一番効率がいいので、この二店舗を積極的にピックすれば、

ドロップ先も近場が増えるので数珠(予約ピック)の確率も上がります!

また、ほかの店舗でもダブルピックであればロングドロップでもピック時間を減らせるので、積極的にリクエストを受けましょう

(マックとスタバは最近の仕様ではダブルがなくなっている。)

まとめ

以上三つのステップを紹介しました。

とにかく回数を重ねれば、自然とコツをつかめてくるので回数意識でたくさん配達してみましょう

自転車だといい運動にもなりますよ

【a】Uber Eats 配達パートナー募集



-Uber Eats
-