仮想通貨

【仮想通貨】イーサリアムとDeFi(ディーファイ)には強い相関|DeFi基礎情報【コイン研究】

インターネット、サイバー、ネットワーク、指、タッチスクリーン

皆さんこんにちはネギ三郎です。

今回はイーサリアムと関わりが強い「DeFi(ディーファイ)」について簡単にまとめました。

イーサリアムの簡単な基本情報はこちらにまとめてます。

↓

DeFi(ディーファイ)とは

DeFi(ディーファイ)とはDecentralized Finance の略で、

ブロックチェーンのネットワーク上に構築される金融エコシステムのことです。分散型金融とも呼ばれています。

「金融エコシステム」とは中央管理者がいない金融システムのことで、これにより銀行のような仲介者の役割を果たしてくれる機関が不要になるのです。

この技術により今新しいサービスが次々と生まれています。

そして、このDeFiはイーサリアムのブロックチェーン上に構築されるため、

「DeFi」と「イーサリアム」には強い相関があるのです。

なので、DeFi関連のポジティブな出来事があるとETH(イーサ)の価格が上がる傾向があります。

人気のDeFiサービス

人気のDeFiサービスはたくさんあるのですが、その中でも有名な2つを紹介します。

分散型取引所(DEX)

ブロックチェーンのイラスト

分散型取引所(DEX)とは、イーサリアムのスマートコントラクトを活用して構築されたP2Pの取引所です。

P2Pとは簡単に言うと仲介者がいないということです!

つまり、bitFlyerやCoincheckのような特定の企業が運営している取引所ではなく、

ブロックチェーン上のプログラムである「スマートコントラクト」で管理されている取引所のことです。

以前は利用者が少なかったのですが、2019年から一気に利用が加速しています。

イールドファーミング

畑・田んぼを耕す人のイラスト

イールドファーミングとは、DEX(分散型取引所)などのDeFiサービスに資産を貸し出すことで、金利や手数料収入を得ることです。

イールドは「利回り」、ファームは「耕す」という意味です。

つまりイールドファーミングは、ビットコインやイーサリアムなどの暗号資産をプラットフォームに預けることによって

流動性を提供する見返りに利息を獲得できることをいいます。

まとめ

簡単にまとめると、

  • DeFiはイーサリアムブロックチェーン上に構築される金融エコシステム
  • イーサリアムとDeFiは強い相関がある
  • 有名なDeFiサービスには「DEX」や「イールドファーミング」などがある

次回はイーサリアムの課題についてまとめます!



-仮想通貨
-,