ETH アルトコイン 仮想通貨

【仮想通貨】イーサリアム(ETH)が抱えている課題【コイン研究】

風船ガム、靴、接着剤、汚れ、風船ガム、粘着性、スティック

皆さんこんにちはネギ三郎です!

今回はイーサリアムが抱えている課題について簡単にまとめました。

イーサリアムの特徴などはこちらにまとめてます

↓

イーサリアムの課題

イーサリアムが現在抱えている問題を代表的なものを2つ紹介します。

スケーラビリティ問題

海の中の巨大生物のイラスト

スケーラビリティ問題とは、取引量が増えることによって取引の承認やブロックの生成が追い付かなくなり遅延が発生してしまうことです。

最近の仮想通貨バブルもあり早急な改善が求められています。

ですがこの問題は、今後行われる予定の「イーサリアム2.0」という大型アップデートによって改善される予定です。

ビットコインもこのスケーラビリティの問題を抱えています。

「イーサリアム2.0」については次別記事でまとめます。

セキュリティ問題

ネットワークの安定性

バックドアのイラスト(パソコン)

イーサリアムの価格とネットワークの安定性には密接な関係があり、

価格が低下するとネットワークの安全性低下につながってしまうのです。

イーサリアムは「イーサリアム2.0」大型アップデートで実装される「PoS」によって、イーサの価格が下がると機能しなくなる可能性があるのです。

「PoS」についても別記事で紹介します。

なぜかというと、ユーザーがネットワークの運営に協力するのは高い価値を持ったイーサが報酬でもらえるからです。

そのため、イーサの価格が下がるとネットワーク運営に協力するメリットがなくなってしまうのです。

ですがこの問題に対して改善策も検討されています。

「EIP1559」というマイナー報酬の一部をバーン(焼却)することでインフレを防ごうというものです。

「EIP1559」が導入されれば、イーサの供給量が減少し価格が上昇する仕組みです。

これによってマイナーがネットワークに参加するメリットが維持されるというわけです。

まとめ

簡単にまとめると、

  • イーサリアムは2つの課題を抱えている
  • 1つはスケーラビリティ問題で遅延が発生してしまう
  • スケーラビリティ問題の改善は大型アップデートの「イーサリアム2.0」に期待
  • 2つ目はセキュリティの問題で価格が下がると安定しなくなる可能性あり
  • セキュリティ問題の改善は「EIP1559」に期待

次回は「イーサリアム2.0」という大型アップデートについてまとめます!

スポンサーリンク

-ETH, アルトコイン, 仮想通貨
-,

© 2021 ネギ三郎 🚲 配達員投資家 Powered by AFFINGER5