BAT 仮想通貨

【仮想通貨/BNYメロン】BAT(ベーシックアテンショントークン)が高騰した理由 2021/2/16


皆さんこんにちはネギ三郎です。

先日仮想通貨のBAT(ベーシックアテンショントークン)が大暴騰を記録しました。

その要因をまとめました


高騰要因


要因は大きく3つ考えられます


①Tesla社が15億ドルの資金をBTC(ビットコイン)を購入

②アメリカ大手仮想通貨投資企業グレースケールの新たな投資信託の候補にBATが含まれていた

③BNYメロン(バンク・オブ・ニューヨーク・メロン)が仮想通貨のカストディサービスを年内に開始すると発表


要因①について


①については前回のモナコイン高騰記事でも述べたのですが、

基軸通貨であるBTC(ビットコイン)が値上がりすると、アルトコインも同時に上がる傾向にあるので

BATも同時に上昇したと考えられます。



要員②について


1/23にアメリカ大手仮想通貨投資企業グレースケールが、新たな投資信託の候補として

LINK(Chainlink)、XTZ(Tezos)、MANA(Decentland)FIL(Filecoin)、LPT(Livepeer)、BAT(ベーシックアテンショントークン)

のアルトコイン6銘柄が含まれていることが新たに判明しました。


これを好感に高騰したと考えられます。


要因③について


アメリカ最古の銀行であるBNYメロン(バンク・オブ・ニューヨーク・メロン)が仮想通貨のカストディサービスを年内に開始すると発表しました。


カストディサービスとは簡単に言えば投資家の資金を保管・運用するサービスのことで、

これをアメリカの大手銀行が仮想通貨で行うということで市場全体に影響を与え、BATの高騰要因にも考えられます。


まとめ


以上BATが高騰した要因についてまとめました

最近は値上がりする銘柄が多く、仮想通貨から目が離せませんね


ちなみに国内取引所で仮想通貨取引を始めるなら、コインチェックが取り扱い通貨が豊富なのでおすすめ☆

コインチェック


スポンサーリンク

-BAT, 仮想通貨
-,

© 2021 ネギ三郎 🚲 配達員投資家 Powered by AFFINGER5