米国株

【米国株】どっちがおすすめ?T(AT&T)とVZ(ベライゾン)の比較【高配当|通信】


皆さんこんにちはネギ三郎です。


米国株投資をするとき、似た銘柄があるとどちらを買うべきか迷いますよね。

今回は超人気通信銘柄のT(AT&T)とVZ(ベライゾン)を比較します。


どちらも配当が魅力で、これから5Gが普及すればより注目度が高くなることが予想されます。

また新型コロナウイルスの影響を受けていますが、両社なんとか踏ん張っています。


それでは違いを見ていきましょう。


❏ T(AT&T)とVZ(ベライゾン)の比較


ボールを比較している人のイラスト(男性)

❏ 株価


T → 1株29ドルあたりを推移(2021/2/21現在)



VZ → 1株56ドルあたりを推移(2021/2/21現在)



✔買いやすさはT

✔ただTは少し右肩下がりの傾向、ベライゾンは堅調な推移


❏ 連続増配


T → 36年連続増配(2021/2/21現在)

VZ → 17年連続増配(2021/2/21現在)


✔Tは米国連続増配ランキング41位の老舗配当銘柄

✔VZも着実に連続増配している

✔しかし、Tは今年増配が止まるとのうわさもある


❏ 利回り


T → 7.11%(2021/2/21現在)

VZ → 4.45%(2021/2/21現在)


✔利回りはTのほうが高い

✔しかしTは配当性向が高すぎるため減配の可能性も示唆されている

✔VZは堅調


❏ 企業概要


T →

❏世界最大級の総合通信会社

❏1983年に旧AT&Tの分割で誕生

❏2005年に元傘下のSBCコミュニケーションズが逆買収

❏現在は高速移動体通信網4GLTEによるブロードバンドサービス提供

❏2015年衛星放送最大手のディレクTV買収

❏2020年に5Gサービスを全米展開


VZ → 

❏通信サービスで世界最大級

❏米国ではAT&Tと2強

❏2000年に地域電話のベル・アトランティックが通信GTE社を合併し誕生

❏好採算のポストペイド(料金後納携帯)が強い。

❏2015年ネット大手AOLを買収

❏2019年4月にいち早く5Gの商用サービス開始

❏ローバンド5Gの整備で現在35都市のカバーエリア狙う


❏ 近況


T →

❏2020年1~6月期は携帯電話の契約数鈍化と低調

❏中南米の衛星放送などの娯楽も不振

❏コネクテッドデバイスや5G契約に期待


VZ →

❏2020年1~6月期は携帯電話の契約件数やや増える

❏ただ一部店舗閉鎖措置によって売上は小幅減

❏業務の効率化により収益向上狙う

❏バフェットが購入(バフェットは長期投資の神様)


❏ まとめ


以上T(AT&T)とVZ(ベライゾン)のアメリカ人気通信銘柄を比較しました。


どちらもコロナの影響を受けていますが、特にTの低調さが浮き彫りになる形となっています。


なので、これから購入を考えているという方は


・少しリスクをとって、割安なうちに購入し今後の業績回復に期待するならTに投資

・コロナの影響を受けるも堅調な推移で、あのバフェットも購入していることに期待するならVZに投資


ネギ三郎はTを保有していますが、今後の5G普及に期待しVZも購入検討しています。


また、Tは不調ではありますが今までの連続増配の実績もありますし、5Gという大きなテーマもあるので

コロナが落ち着けば復調の可能性も大いにあると思います。


お疲れさまでした。

この比較が皆様の投資に役立てば幸いです。




-米国株
-,